保育園における定着活動のやり方②

保育園における定着活動のやり方②

Pocket

2.退職理由はどのようなものが多いのか

効果的なオンボーディングの施策を考える前に、早期離職理由を確認したいと思います。

 

(1)新卒者の離職理由

新卒者の離職理由については、東京都福祉保健局が発行している「東京都保育士実態調査報告書(令和元年5月)」が非常に参考になりますので、見ていきましょう。

 

離職理由のトップ3

①「職場の人間関係」  :33.5%

②「給料が安い」    :29.2%

③「仕事量が多い」   :27.7%

 

(2)中途採用者の離職理由

また、中途採用者が前職を辞めた理由は、厚生労働省が発表している「令和2年度雇用動向調査」に記載されていますので、ご紹介します。

 

離職理由(男性)のトップ3

①「給料等収入が少なかった」          :9.4%

②「職場の人間関係が好ましくなかった」     :8.8%

③「労働時間、休日などの労働条件が悪かった」  :8.3%

 

離職理由(女性)のトップ3

①「職場の人間関係が好ましくなかった」     :13.3%

②「労働時間、休日などの労働条件が悪かった」  :11.6%

③「給料等収入が少なかった」          :8.8%

 

以上の結果から、新卒者・中途採用者を問わず、人間関係と労働条件は、離職理由として多いといえます。

 

(3)リアリティー・ショック

効果的なオンボーディング施策を考えるにあたって、「リアリティー・ショック」というものを理解しておく必要があります。

 

リアリティー・ショックとは、新たに就職した人材が、事前に思い描いていた仕事や職場環境のイメージと、実際に現場で経験したこととの違いを消化しきれず、現実と理想のギャップに衝撃を受けることです。その過程で程度の差はあれ、リアリティー・ショックを感じる人は少なくありません。

 

先ほど見た離職理由にもある「保育方針が自分に合わなかったため」「職場の人間関係が悪かった」「仕事量が多すぎた」「給料が少なかった」などは、リアリティー・ショックを消化しきれず、不安や幻滅、喪失感などを強め、離職に至ったと考えられます。

 

次回へ続く・・・

保育園/幼稚園の労務管理のことならお任せください。選ばれる園作りを全力でサポート致します。まずはお気軽にご相談ください。

page top

Copyright © 2022 保育園労務サポート福岡 All Rights Reserved.